個人再生とは?借金が大幅にダウンする債務整理!

借金の返済ができなくなったときは、法的手段によって借金を整理する「債務整理」という方法があります。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった手続き方法があります。

あなたの状況にあった方法で、借金問題を解決することができます。

今回は「個人再生」についてまとめてみましたので参考にしてください。

個人再生とは?

 

個人再生は、専門家に依頼をし、裁判所を通じて債務を減額する手続きです。

原則として債務が5分の1に減額され、3~5年で支払いをする制度です。

住宅を手放さずに手続きをすることができるメリットがあります。

 

個人再生のメリット

住宅などの財産は手放さず多額の借金を減額して返済したい方にはとてもメリットのある手続きです。

借金の大幅な減額ができる(原則として5分の1に減額される)

住宅や車などの財産が残せる

貸金業者からの取立てがストップする
「給与差し押さえ」や「財産差し押さえ」等の強制執行が出来なくなる

手続きが開始されると返済が一度ストップしますので、精神的にも楽になり、その間に生計を立て直す事もできます。

個人再生のデメリット

個人再生を行うと、5〜10年間は新たな借金が出来なくなります。

強制的に借金が出来ない状態になりますので、生計を立て直すにはいい期間になりメリットとして捉えることもできます。

利用できる人の要件が厳しい
(返済を継続して出来る収入がある人)

手続きが複雑で手間と時間と費用もかかる

保証人には請求が行く

住所氏名が、国が発行する『官報』に掲載される

新たな借り入れが今後5年〜10年できない

「家族や会社」に内緒での手続きが難しくなる

個人再生手続きの流れ

 

手続き期間

個人再生は、申し立てから再生計画認可確定まで約4〜6か月程度かかります。

手続きの流れ

弁護士に相談する

弁護士が債権者に受任通知を送る

受任通知が送付されると、債権者側からあなたへ直接「催促の電話」「取り立て」「差押え」といった行為が出来なくなり、一時的にあなたは借金から解放され精神的に楽になります。

弁護士の指示に従い必要書類を用意する

債権者から送られてきた書類をもとに、金額や内容について調査します。

今持っている財産を確認するために、保険証券や車の車検証・通帳、持ち家だと不動産登記簿謄本などを提出します。

収支を調査するため、収入が証明されるもの(源泉徴収・確定申告書・給与明細)を提出します。

上記必要書類と共に裁判所に個人再生の申し立てを行う

申立と合わせて過去数か月の家計簿や給料明細、減額率などを考慮して再生計画案(新たな返済計画)を立てる

再生手続きの開始決定が出る

再生計画案に基づいた積み立て履行テスト

個人再生は、3年~5年間決まった金額を支払うことになります。

裁判所としては、本当に支払いが行える状況にあるか、を数ヶ月テストすることによって判断することにしています。

そこで、自分が作成した口座または弁護士の口座に毎月決まった額を振り込み、結果を裁判所へ報告することになっています。

確定債権額、履行テストの結果等をもとに最終的な再生計画を立てる

裁判所から再生計画の認可決定を受ける(個人再生手続き終了)

再生計画に沿って毎月の返済を開始する

 

再生計画の認可決定までに、4か月~6か月の期間が必要です。

その間は、債券業者からの取立てもストップしているので、生計を立て直すチャンスでもあります。

債務整理に強い弁護士を探す

 

個人再生は、個人で行うにはかなり難しい手続きです。

専門家である弁護士に相談をし、あなたの状況にあった手続きを判断してもらい、手続きを進めていくのが、一番の解決の早道です。

一日でも早く、専門家に相談することをおすすめします。

知り合いに弁護士がいればいいですが、なかなか自分にあった弁護士をさがすのは至難の業です。

知り合いに弁護士がいないという方は、無料であなたの状況に合った弁護士を紹介してくれる「街角法律相談所」の『借金減額シュミレター』を使ってみるといいでしょう。

非常に多くの方に使われている便利なツールです。

借金問題は一刻も早く専門家に相談することが解決の第一歩です。

弁護士費用が心配で相談に行けない方は、「分割払い」が可能な弁護士事務所もたくさんあります。

まずは、「街角法律相談所」の『借金減額シュミレター』を使って、あなたに合った弁護士を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です