借金の時効とは?時効の援用とは?時効の中断とは?借金から逃げるより借金を整理!

「借金時効」の画像検索結果

♦借金の返済から逃げたい。
♦借金の時効ってあるのかなぁ?
♦時効があったら、踏み倒すんだけど。

こんな思いで毎日をすごしている方、

借金にも時効はあります

借金の時効とは

「借金時効」の画像検索結果

債権者が一定の期間、債務者に返済を請求せずに放っておいた場合、債務者は返済義務がなくなります。

その債権を消滅させてしまう「消滅時効」というものです。

時効が成立した後に、債権者が返済を請求してきても、法律上は借金を返済する義務はなくなるのです。

借金の時効の成立は5年~10年です。

借金の時効は、借入先によって、法律で時効の期間がきめられています。

♦銀行や消費者金融に借金している場合・・・5年
♦家族や友人から借金している場合は・・・10年

時効を完全に成立させるには、債権者に時効を主張する行為が必要です。

これを「時効の援用」といいます。

時効の援用とは

「借金時効」の画像検索結果

具体的には、内容証明郵便で援用通知を債権者に送るなどの方法があります。

内容証明郵便を利用すれば、いつ・誰が誰にどのような内容の郵便を送ったかを郵便局が証明してくれるからです。

時効の援用がされないと、時効は完全には成立せず、援用してはじめて成立します。

借金の時効はたかが5年と甘く見るのは危険です。

実際、そんなに簡単に時効が成立していたら、借金を返済しなくてもいいことになってしまいます。

時効の中断とは

債権者には、時効をくい止める手段が与えられています。

クレジットカード会社などは、延滞先の時効までの期間をシステムで管理しています。

時効が近づいてくると、支払い督促の申し立てから確定判決までの手続きを行います。

これを「時効の中断」といいます。

これで、5年だったはずの時効が、また0からになります。

「時効の中断」は、時効の進行を止め、また時効期間が振り出しに戻る制度です。

時効の中断を債権者から受けると、借金返済から逃げても、支払い義務はなくならないということです。

時効を中断する方法

「借金時効」の画像検索結果

時効を中断する方法は、主に3つあります。

債権者から債務者へ、いろんな請求をすることで時効の中断ができます。

♠請求
支払催促・調停申し立て・催促書類の提出など。

♠債務の承認
債務者が1円でも借金を返済した場合、債務の承認となり、時効が中断され、振り出しにもどります。

♠差し押さえ
訴訟や支払催促により、裁判所が債権者に強制執行の許可を出すと、債権者が債務者の財産を差し押さえることができ、時効が中断されます。

借金から逃げるより、専門家に相談!

「借金時効」の画像検索結果

借金を払わずに時効を成立させるというのは、多くのリスクを伴います。

借金から逃げるのは、借金を返済する以上に精神をすり減らしてしまう行為です。

借金から逃げずに、借金をきちんと整理して、普通の生活を取り戻すために、お金のプロである司法書士や弁護士に相談してみましょう。

借金を法律で整理することを「債務整理」といいます。

・夫や妻、家族や会社に内緒で借金を整理したい。
・月々の返済額を減らしたい。
・支払い期限を延ばしたい。
・複数の業者からの借金を一つにまとめたい。

このような借金の悩みは、「債務整理」をすることで解決できます。

債務整理は、個人で手続きする方法もありますが、かなりの時間と労力を必要とします。

法律のプロである司法書士や弁護士に依頼すれば、あなたに合ったベストな方法で、債務整理をスピーディに行ってくれます。

法律の専門家と聞くと、高額な費用を請求されたり、なんだか敷居が高いように感じられたりしてしまいますが、実際にはそんなことはありません。

気さくな専門家ばかりで、ただでさえ借金に困って相談をしにきている方に対して、高額な費用を請求するなんてことはしません。

まずは、「街角法律相談所」の『無料シュミレーター』で、あなたの借金の診断をしてみましょう。

来店せずとも、メールや電話で無料相談できます。

分割払いや、報酬払いもOKです!

一日も早くプロに相談して、借金地獄から抜け出し、ストレスのない生活をとりもどしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です