任意整理とは?家族に内緒で借金を整理できる!将来の利息をカットできる!

借金の返済に困っているけど、家族には内緒にしたい。
月々の返済額がもう少し少なくなれば何とかなるのに・・・。
返しても返しても、利息の返済だけで、元金がなかなか減らない。

こんな借金の悩みを抱えている方におすすめなのが「任意整理」です。

「任意整理」の手続きは、裁判所を通さず短期間で借金を整理できる方法です。

家族や会社に内緒で進めることができるなので、一番多く使われています。

借金問題は、専門家に相談することが、何よりも解決の早道です。

今回は、任意整理について詳しく説明していきますので参考にしてください。

「任意整理」とは

「任意整理」の画像検索結果

「任意整理」とは、原則として将来の利息をカットして、3年~5年で分割返済する内容の和解を結ぶ手続きのことです。

将来の利息がカットされれば元本だけとなり、借金総額が大幅に減ります。

また、手続きが始まると、取立てや催促が一旦ストップします。

裁判所を通さないため、すべての手続きは弁護士が債権者と交渉してくれるので、郵便物や電話連絡等で家族にばれる心配はありません。

【メリット】
将来の利息が免除されるため、返済総額が減る。
過払い金があれば、借金総額が減額される。
弁護士が介入した時点で、取立てや督促、返済が一旦ストップとなる。
家族や会社に内緒で、整理を進められる。

【デメリット】
信用情報機関に事故情報として登録される。
5年~7年程度、新たな借入やクレジットカード、ローンなどの審査が通りづらくなる。

任意整理の手続き期間は?

裁判所を通さない手続きなので、3ヶ月~6か月の短期間で手続きが完了します。

「任意整理」の流れ

「任意整理」の画像検索結果

「任意整理」は、個人でも行うことができますが、法律の知識や交渉力が必要となるので、専門家である弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

弁護士や司法書士に依頼した場合の「任意整理」の基本的な流れを説明しますので参考にしてください。

任意整理」を専門家に依頼

②弁護士が債権者に「受任通知」を送る
「受任通知」は、弁護士があなたから「任意整理」を委託されたことを債権者に通知することです。

「受任通知」が受理されると
債権者からの取り立てや催促が一旦ストップ
債権者との話し合いがまとまるまでは、返済をする必要がありません。

③取引履歴の開示請求
弁護士が債権者に取引履歴の開示を請求します。

取引履歴が開示されると、今までの取引や返済履歴などがすべてわかり、正確な借金総額を把握することができます。

④「引き直し計算」をして借金総額を調べる
取引履歴に基づいて、利息制限法による「引き直し計算」をし、法的に支払うべき実際の借金総額を調べます。

借金の利息が、利息制限法で決められている利率よりも高く設定されている場合は、借金が減額されることもあります。
また、今までに多く利息を払い過ぎている場合には、「過払い金」が発生します。
「過払い金」がある場合は、債権者に「過払い金返還請求」をすることができます。

⑤支払い計画を作成する
借金が残る場合には、引き直し計算後の借金総額と、月々の返済可能な額などを考慮して、分割払いによる支払い計画を作成します。

原則として、3年間で支払いを完了する返済計画をたてます。

⑥和解案を作成し債権者と交渉
弁護士が和解案を作成し、債権者と交渉します。

和解案が成立すれば、その内容に基づいて、債務者が無理のない分割払いで返済をしていきます。

以上が、「任意整理」の手続きの流れです。

交渉が成立するまでは返済はストップするので、精神的なストレスからも一時的に開放されます。

この間にあなたの生計を見直し、立て直すようにしましょう!

手続きに必要な書類

①本人確認できるもの(免許証・保険証など)
②借入している貸金業者情報(どこから、いつ、いくら借入したか)
③クレジットカード
④預金通帳
⑤収入証明書(源泉徴収票・確定申告書など)
⑥住民票
⑦印鑑

「任意整理」に適している人とは

「任意整理」の画像検索結果

任意整理をするには、現時点で収入がある人が前提です。
次のような状況の人が任意整理をするのに適しています。

①借金の額が比較的少ない人
借金が収入に対して3年間で分割返済できる範囲の人

②借入期間が長い人
利息制限法により「ひき直し計算」をした結果、借金が減額や過払い状態になっている場合があります。

③特定の債務だけ整理したい人
親戚や友人からの借入・連帯保証人がいる債務・住宅ローンなど債務整理したくない債務を除いて、自分の希望する債務だけ任意整理することができます。

④家族や会社に内緒で借金を減らしたい人
裁判所を通さないで手続きするので、連絡があるのは弁護士からだけです。
弁護士に、家族に内緒の旨を伝えておけば、誰にもばれることはありません。

以上のような状況の方は、一刻も早く弁護士や司法書士に相談して、無理のない返済方法で、借金問題を解決しましょう。

多額の借金になると「任意整理」では解決できなくなり、「個人再生」や「自己破産」の手続きになってしまいます。

家族に内緒では手続きできなるばかりか、「差押え」という最悪の事態にもなりかねません。

専門家を探す

一人で悩まず、専門家に相談するのが一番の解決策です!

まずは、あなたの借金がどれくらい減額されるのか診断してみましょう。

「街角法律相談所」『減額借金シュミレーター』は、無料であなたの借金を診断し、あなたに合った弁護士や司法書士を紹介してくれます。

ぜひ、気軽に一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です