ブラックリストとは?ブラックリストに載る状況と期間・調べ方!

クレジットカードの支払いが遅れてしまったけど、ブラックリストに載っていたらどうしよう!

住宅ローン申込の審査が通らないのはなぜ?

新たなクレジットカードが作れなかった、身に覚えがないのに?

といった場合、自分がブラックリストに登録されているかもしれないという不安にかられてしまいます。

そういう時には、自分でブラックリストの登録状況を調べることができます。

不安を解消するためにも、ブラックリストの基礎知識や調べ方についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、何かのリストになって存在するものではありません。

あなたのクレジットカードやローンの契約内容、借入・支払状況などは、「信用情報機関」に登録されています。

この登録情報に『事故情報』として記載されることを、ブラックリストと呼んでいます。

登録されてしまうと、新たにカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなってしまいます。

信用情報機関とは?

日本には、「全国銀行個人信用情報センター」「日本信用情報機構」「CIC」の3つの信用情報機関があります。

この3つの信用情報機関は、お互いに顧客の情報を共有できるシステムになっています。

♦全国銀行個人信用情報センター:銀行・信金・信組・農協系

♦㈱日本信用情報機構:消費者金融系

♦㈱シー・アイ・シー:信販会社系

あなたの契約内容や借入・支払状況などが信用情報機関に登録され、「延滞」などの事故情報は記録として残ります。

3つの信用情報機関は情報を共有しているため、一つの機関で事故情報が記録されると、新たにクレジットカードの申込やローンの審査が通らなくなってしまいます。

ブラックリストに載る状況は?

入金を忘れていて引き落としが出来なかったから、と言ってすぐにブラックリストに載ることはありません。

借金の返済が数回滞ったり、3か月以上延滞したり、信用を著しく損ねる行為があった場合『事故情報』として登録されます。

事故情報には、「延滞」「債務整理」「携帯端末の未払い」などが挙げられます。

♠「延滞」

支払日から2~3か月以上の延滞がある場合や、短い期間でも数回延滞を繰り返すと、「事故情報」として登録される可能性が高くなります。

♠「債務整理」

法的な手段で借金を減額したり、全額ゼロにしたりすることを「債務整理」といいます。

「債務整理」には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」などがありますが、これらの手続きを取った場合、事故情報として「ブラックリスト」に掲載されます。

♠「携帯端末の未払い」

携帯電話の端末を分割払いで契約している場合、3か月以上延滞が続くと、ブラックリストに登録されてしまいます。

携帯端末の分割払いは、端末代が利用料から割り引かれたりするため、「分割払いの契約」をしている意識がなく、気が付いたら、ブラックリストに載っているという結果になります。

ブラックリストに載ってしまうと・・

ブラックリストに載ってしまうと、次のような影響を及ぼします。

新規にクレジットカードを作る時に審査が通らなくなり、カードを発行できなくなる。

住宅ローンや車のローンの審査が通らず、不動産を購入できなくなる。

カードが一切使えなくなり、現金のみの消費生活になります。

どのくらいの期間載るの?

一度「ブラックリスト」に載ってしまうと、一定期間が過ぎるまでは、基本的に消すことはできません。

しかし、一定期間が過ぎれば、自動的にリストから削除されるので、その点は心配無用です。

一番多い事故情報は「延滞」です。

ケースによって多少の期間の違いはありますが、完済してから5年間掲載されます。

♦延滞の場合
完済してから5年間

♦債務整理
発生日から5年~10年間

これらの一定期間が過ぎれば、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることもできるようになります。

登録情報は自分で調べられるの?

ブラックリストに載っていないか心配な人は、自分で登録状況を調べることができます。

本人開示制度』というものがあり、各信用情報機関に開示請求の手続きをすれば、あなたの情報を確認することができます。

また、あなたの代理人として開示請求してくれる法律事務所もあります。忙しくて時間がないという方は、敏速に対応してくれる法律事務所に相談してみるのもいいでしょう。

万が一、取得した情報に疑問がある場合は、信用情報機関に申し立てをし、誤った情報を削除してもらうことができます。

その場合も、専門家に相談することをおすすめします。

要注意点
「ブラックリストから事故情報を消します!」というような広告は、詐欺広告ですので依頼しないようにしましょう。

一度、ブラックリストに載ってしまうと、一定期間はどんな方法を使っても削除することはできません。

延滞したから心配・・・。住宅ローンの審査が通るか心配・・・。などの不安がある方は、自分の登録状況を正確に把握しておきましょう。

債務整理をした方は基本的に事故情報として登録されますが、過払い金請求は登録されませんので、心当たりのある方は、専門家に相談するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です