キャッシングを利用すると信用情報に傷がついてしまうの?信用情報って?

キャッシングを利用すると信用情報に傷がついてしまうのでは?

また、将来マイホームの購入を考えているけど、住宅ローンを組んだりできなくなるのでは?

という話しをちらっと聞いて不安になったことはありませんか?

はたしてほんとにそうなのかどうか?

今回は、「キャッシングと信用情報の関係」「信用情報とは?」についてまとめてみたので参考にしてください。

信用情報とは?

 

信用情報」という言葉は耳にするものの、一体どういうものなのか。

信用情報とは、『あなたのクレジットカードやローンの利用履歴』です。

あなたがクレジットカードで買い物したり、キャッシングしたり、ローンを組んだ時の「契約内容」「利用金額」「返済状況」「返済残高」などが記載されています。

現金で購入したもの以外、あなたが利用した履歴が記録されているのです。

クレジットカードで商品を購入する
クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる
金融機関でお金を借りる

どういう場合に利用されるの?

では、信用情報はどういう場合に利用されるのでしょうか。

信用情報は、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際、金融機関が「あなたにお金を貸しても大丈夫かどうか」を判断するために利用されます。

あなたの利用履歴から、返済能力があるかどうかを審査するのです。

信用情報の傷とは?

よく、『信用情報に傷がつく』ということを耳にしますが。

信用情報に、事故情報の記録があることを傷がつくと言われているようです。

『事故情報』とは、具体的には「延滞」「強制解約」「債務整理」などがあげられます。

【延滞】
クレジットカードやローンの支払を延滞すると、信用情報に記録されます。
大体、2~3か月以上延滞すると記録されることが多いようです。
一度、延滞の記録が載ってしまうと、延滞を解消してから最長1~5年間は記録が残ります。

強制解約
延滞が長引くと、金融機関から強制的に契約を解除されます。
強制解約されると、最長5年間、記録が残ります。

債務整理
債務整理は、法的に借金を整理する手続きです。
債務整理には、「任意整理」「個人再生」「特定調停」「自己破産」などの方法があります。
いずれの手続きも信用情報に記録が残ります。
「任意整理」は最長5年間、自己破産は5~10年間、記録が残ります。

どこで管理しているの?

信用情報は、信用情報機関で管理されています。

日本には、下記の3つの信用情報機関があり、金融機関は必ずどれかの信用情報機関に加盟しています。

♦JICC(株式会社 日本信用情報機構)
♦CIC(株式会社シー・アイ・シー)
♦全国銀行個人信用情報センター

そして、この3つの信用情報機関は事故情報を共有しています。

もし、あなたが延滞などの履歴があれば、どの信用情報機関でも事故情報を確認することができます。

事故情報があるとローンが組めないの?

事故情報があるということは、支払い能力に問題があるということです。

約束の日にお金を返して貰えない可能性が高い人に、新たにお金を貸す金融機関はほとんどありません。

事故情報の記録が抹消されるまでは、新たにローンを組むのは難しいようです。

近い将来、マイホームを購入する時、「自分の信用情報はだいじょうぶかな?」と心配のあなた!

信用情報機関に開示請求すれば、自分の信用情報を確認することができます!

不安のある方は、ローンの申込をする前に確認しておくと安心でしょう。

キャッシングを利用すると信用情報に傷がついてしまうの?

結論から言うと、キャッシングを利用しただけでは信用情報に傷はつきません

キャッシングを利用しても、きちんと返済していれば事故情報として記録されることはないからです。

しかし、キャッシングを利用した内容は記録されます

キャッシングの金利は、とても高いものです。

キャッシングを利用していると、高い金利を払ってでもお金を借りる必要にせまられている人、と判断されてしまいます。
ローンを組む時には、金融機関によって異なりますが、審査に影響が出ることは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です