クレジットカードの仕組み・注意点・返済できないときは?

クレジットカードは、現金を持っていなくても買物ができたり、食事ができたり、電車に乗れたり。急にお金が必要な時はキャッシングもできる便利なカードです。

しかし、使い方を間違えてしまうと、あなたの人生を狂わせてしまう危険なカードでもあります。

便利な魔法のカードなので、ついつい使い過ぎて、気が付けば借金地獄に・・・。

そうならないために、クレジットカードの仕組みを理解し、便利に使いこなしましょう。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードは信用により成り立っています。

クレジットカードを持っているということは、あなたに信用があり、現金を持っていなくてもカードで商品を購入し、後払いができるということです。

あなたが買物した代金を、クレジットカード会社が代わりに払ってくれ、後日カード会社にあなたが支払いする、というしくみです。

クッレジットカードの返済方法

クレジットカードには、『翌月一括払い』『分割払い』『リボ払い』などの支払い方法があります。

カード会社は、盛んに『リボ払い』をすすめてきます。

『リボ払い』とは

毎月の支払額が一定なので支払いの計画が立てやすく、翌月に一括で支払いしなくてもいい、気軽に買い物をすることができる便利な支払い方法です。

しかし、衝動買いをしたり、無計画に利用してしまうと、支払残高が増え支払い期間が長くなり、利息が膨らみ元金が減らず、利息を払い続ける結果となります。

リボ払いの金利は、15%という高い金利です。

例えば
毎月、継続的にリボ払いを続けていくと、

未払い残高が100万円で、毎月1万円以上の利息を支払うことになります。

毎月の一定額の支払いは、利息の支払い分だけになり、元金が減らないということです。

クレジットカード利用の注意点

手元に現金がなくても買い物ができ、公共料金や税金も支払うことができる。また急な出費の時にはキャッシングもできる。
こんな便利なクレジットカードですが、ついつい使い過ぎて返済ができなくなってしまう事にもなります。

 

★便利なクレジットカードをうまく使いこなすポイント★

無計画に買い物しないこと
利用した金額を明細書などで確認し、毎月の支払い残高を把握すること
『リボ払い』は毎月の支払い額が一定なので、使い過ぎてしまう傾向があるので要注意

 

常に、「返済できる金額」「利用した金額」「返済残高」を把握しておくことが大切です。

返済できなくなった時は

「無料イラスト ...」の画像検索結果

毎月の返済ができなくなった時は、まずは「自分の今の借金の状況」を正確に把握することです。

そのうえで、借金の返済の目途がたたない場合は、専門家の力を借りて解決するのが一番の早道です。

どうしても返済できない借金問題を法的手段で解決できる方法があります。

専門家に相談し、依頼すれば、「債務整理」という方法で、借金を法的手段で解決してくれます。

「債務整理」には、『任意整理』『個人再生』『自己破産』などの方法があります。

なかでも『任意整理』の手続きは、裁判所を通さず、短期間で借金を整理できる方法です。

また、家族や会社に内緒で進めることができるので、一番多く使われています。

『任意整理』とは

あなたに代わって弁護士が代理人となって、裁判所を通さずに貸金業者と交渉し借金を減額する方法です。
「借金の減額」「将来の利息のカット」を交渉し、3年~5年以内で借金を全額返済できるように和解を結びます。

★メリット
先の利息がカットされ、返済総額が減り、完済の目途が立つ。
過払い金があれば返還され、借金総額が減額される。
取り立てや督促・返済がストップする。
・裁判所を通さないので、家族や会社に内緒で手続きできる

★デメリット
信用情報に掲載される。(5年~7年程度)
・新たな借り入れやクレジットカードなどの審査が通りづらくなる

新たな借入ができない点は、借金を整理して普通の生活を取り戻すためには、メリットともとらえられるでしょう。 家族や会社にも内緒で手続きできるので、一人で悩んでいる方は、少しでも早く専門家である弁護士や司法書士に相談してください。

専門家を探す

借金問題の解決には、何よりもスピードが大切です。
遅くなればなるほど、利息が利息を生み支払い総額が増える一方です。

しかし、いざ相談するとなると、どの専門家のところにいけばいいのか悩んでしまいますね。
知り合いの弁護士がいればいいですが。
なかなか自分に合った弁護士を見つけるのは難しいことですね。

借金問題解決のために、最初に一番使われている街角相談所 借金解決シュミレーターという無料相談ツールがあります。

あなたの今の借金状況を入力するだけで、あなたの状況にあった弁護士を無料で紹介してくれます。

匿名・フリーメールでもOK。相談も無料で行ってくれるため、一人で悩んでいる人は、ぜひ利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です