キャッシングとは?失敗しないための注意点!失敗した時の対処法!

キャッシングって?

キャッシングとは、一言でいえば「お金を借りる」ことです。

いわゆる「キャッシング」とは、ATMを使って、すぐにお金を借りることができる便利な機能です。

急な出費やちょっと今月は足りないなぁ、という時には、とても便利なキャッシングです。

しかも、保証人も担保も必要ありません。

キャッシングには、次の2つの方法があります。

①クレジットカードのキャッシング利用と、②カードローンのキャッシング機能を利用する方法です。

クレジットカードのキャッシング枠やカードローンの限度枠内であれば、自由に何度でも借りることができます

キャッシング限度額は、カード会社が“あなたに貸しても返済して貰える”と判断した金額です。

あなたとカード会社との信用で成り立っています。

必要な時に、すぐに借入できる便利なキャッシングですが、失敗しないための注意点もいくつかあります。

「無料イラスト ...」の画像検索結果

失敗しないための注意点

キャッシングする前に返済計画をたてる

キャッシングは、限度枠内であれば自由に借入できるので、ついつい利用しすぎてしまうことがあります。

気が付けば限度額いっぱいになって支払いできない、という事態に陥りかねません。

キャッシングする際は、借りる前に、まず「返せるかどうか」を考えてみてください。

無計画に利用するのは、とても危険です。

毎月どれくらい返済するのか、いつまでに完済できるのかを把握し、しっかり返済計画をたてることが必要です。

金利が高い

クレジットカードのキャッシングの金利は18%、カードローンの金利は約15%と、どちらも高い金利設定になっています。

借入金額や返済期間によって変わってきますが。

日割りの計算なので、期間が長くなればなるほど、また元金が多いほど利息が高くなってきます。

必要以上の金額を、長期間借りないことがポイントです。

住宅ローンの審査に影響がある

住宅ローンの審査では、まずは申込人の返済能力を審査します。

クレジットカードのキャッシング枠やカードローンの限度額は、自由に借入できるので、審査時には借入しているものとみなされ、住宅ローンの借入可能額に影響してきます。

住宅ローンを考えている方は、キャッシングを利用していないカードはキャッシング枠を削除したり、カードを解約しておく方がいいでしょう。

失敗したときの対処法

★支払日に返済できなかったら

もし、うっかり忘れていて支払い日に返済分を入金できなかったり、

残高不足で返済分を引き落としされなかった場合は、

どう対処すればいいのでしょうか?

返済日に引き落としができず、1日でも遅れた場合、遅延としてみなされます。

うっかり忘れているのに気付いた時は、こちらからカード会社に電話して、支払いが遅れた旨を話し、入金する日を伝えましょう。

支払いできないと、必ずカード会社からの返済確認の電話がかかってきます。

その時は、無視をしないで電話に出て、返済の意思があること、確実に返済できる日を伝え、必ず約束を守りましょう。

1日でも遅延すると、「遅延損害金」が発生することになります。

また、返済が遅延した場合、新規のキャッシングは停止となります。

そういう事態を解消するためにも、きっちり、約束の返済日を守りましょう。

 

約束の返済日を守らないと、こんな結果に・・。

約束した日に返済されない時は、毎日電話がかかってきたり、督促状が郵送されてきたりして、だんだん追い詰められていきます。

♣さらに遅延が続くと

カード会社から内容証明郵便が届きます。

「今まで借金返済の請求をしたが、支払いがなかったため、法的手段に訴える」という一括請求の内容の通知書です。

内容証明郵便の督促状は、カード会社からの最後通告です。

♣内容証明郵便を放置すると

裁判所から「支払督促申立書」が送られてきます。

2週間以内に「異議申し立て」をしなければ、「差押えの強制執行」をされてしまいます。

 

★毎月の返済ができなくなってしまったときは

法律の専門家に相談することが一番の解決策です。

専門家である弁護士や司法書士に相談すれば、「債務整理」という方法で、法的に借金を整理し、借金を減額することができます。

また、少しでも早く、専門家に相談することが大切です。

延滞が長引けば、「遅延損害金」もかさみ、利息とともにますます借金が膨れ上がってしまいます。

債務整理は、あなたの生活を苦しめている借金を減額・免除して、あなたが普通に生活できるようにするための手続きです。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つの方法があります。

あなたの状況にあった方法で、借金を整理して、普通の生活を取り戻しましょう!

 

債務整理の3つの方法「任意整理」「個人再生」「自己破産」について、簡単にまとめてみたので参考にしてください。

【任意整理】
弁護士が代理人となって、裁判所を通さずに貸金業者と交渉し借金を減額する方法です。
・3年~5年以内で借金を全額返済できるように、「借金の減額」「将来の利息のカット」を交渉し和解を結びます。
・裁判所を通さないので、家族や会社に内緒で手続きできます。

(対象者)現時点で収入があり、利息がカットされて月々の返済がもう少し減らせれば完済できる人

【個人再生】
弁護士が代理人となって、裁判所に、複数の消費者金融から借入がある人の申し立てをし、借金を減額する方法です。
・借金を大幅に減額(総債務額の5分の1・最低支払額100万円)し、残りの支払額を3年間で分割返済する手続きです。
・住宅ローンを抱えている方で、マイホームだけは手放したくない場合に利用できる制度です。

(対象者)住宅ローンを除く債務の総額が5000万円以下で、将来に渡って一定の収入を得る見込みのある人

【自己破産】
裁判所が申立人の借金や収入の額を考慮し、「債務総額が大きく、申立人は返済不能状態にある」と判断した場合にすべての返済が免除される方法です。
・すべての返済が免除されます。
・資産がある場合は、基本すべて差押えられます。

(対象者)債務総額が大きく、長期的にみても一定額の返済が見込めず完済が困難な人

まずは無料相談を!

債務整理の相談をしたいけど、知り合いの弁護士はいないし。

債務整理に強い弁護士をどんな方法でさがせばいいのか悩んでしまいますよね。

そんな時は、「街角法律相談所」の借金解決シミュレーターを利用するのがおすすめです。

無料で、あなたの状況にあった弁護士や司法書士を探し紹介してくれます。

一人で悩まずに、まずは無料相談を利用して、一日も早く借金問題を解決しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です